塗料の種類と耐久性

油性塗料(OP) ● 塗り替えの目安 3年~4年

  • 特徴

  • 主に木部や鉄部に使用。いわゆる「ペンキ」と呼ばれるものです。

    アクリル樹脂系塗料 ● 塗り替えの目安 5年~7年

  • 特徴

  • 外壁を塗装する場合に用いられる最も一般的な塗料。
    安価なため一般住宅のほとんどで使用されている。

    ウレタン樹脂系塗料 ● 塗り替えの目安 8年~10年

  • 特徴

  • アクリル塗料に比べ、耐久性に優れる。
    大手マンションの塗り替え工事では標準的に使われている。
    オールマイティに使用できる塗料です。

    シリコン樹脂系塗料 ● 塗り替えの目安 11年~14年

  • 特徴

  • ウレタン塗料に比べ、耐久性に優れる。
    コストパフォーマンスがよく、現在プロが使用する塗料では主流。
    表面の塗膜が硬質なため防汚性も高く、戸建て住宅で多く採用され始めている。

    フッ素樹脂系塗料 ● 塗り替えの目安 20年以上

  • 特徴

  • シリコン塗料に比べ、耐久性に優れる。
    高層ビルの外壁パネルの塗装などに使用され、
    最高級の塗料。長期間美しい外壁を持続できる。
    高価だが、満足度も高い。

    光触媒塗料 ● 塗り替えの目安 20年以上

  • 特徴

  • 外壁表面に付着した汚れを分解し、雨で洗い流す塗料。遮熱効果もある。
    フッ素樹脂同等の耐久性がある。
    高価で塗装技術も高度なため、限定的に使われている。

    塗料選びのポイント

    最近の塗料は、このように耐久性だけではなく、
    雨水と一緒に汚れを流し落とす「自己洗浄機能」や、
    太陽の光で汚れを分解する「光触媒塗料」など、
    付加価値を持った塗料が登場し、塗料自体が目覚ましく進化しています。
    しかし、塗料を選ぶときは、予算と今後の生活設計に合わせて、
    種類を選ぶように検討することが大事です。