チョーキング現象

 

チョーキング(Chalking)とは日本語では白亜化(はくあか)とも言います。
太陽の紫外線や熱・雨などの水分や風などにより塗膜が劣化し
塗装部分をさわると塗料の顔料がチョークのような粉状になってしまう現象です。

壁をさわり手に塗料の粉が付いたら、チョーキング現象が起きています。
塗料が劣化しているサインであり、塗り替えが必要な時期にきている目安になります。




 

クラック(ひび割れ・亀裂)

 

クラックとは、外壁や内壁、基礎などに発生した亀裂やひび割れのことです。
コンクリート壁は乾燥する際に収縮します。ひび割れの原因は多数ありますが、
コンクリートが変化して硬化する過程で乾燥収縮を起こすことが主な原因です。
年数がが経過すると、ほとんどの外壁で、ひび割れが発生します。

ひび割れが起きた箇所から雨水などが入ると壁内部やコンクリートの劣化につながります。




 

爆裂・剥離

 

コンクリート内部の鉄筋が錆びて腐食膨張。
周囲のコンクリートがその膨張に耐え切れなくなり
押し出され、壁が剥離・落下する現象を「爆裂」と言います。

コンクリートの塊が剥がれ、そのまま落下し事故発生の危険性もあります。
この状況になると大掛かりな補修が必要です。